あなたの危険度チェック

任意売却のご相談はお早めに!

任意売却を成功させる秘訣は「とにかく早めに動くこと」。
動くタイミングが早ければ早いほど、自分に有利に手続きを進めていけます。
まずは、あなたが現在どの段階にいるのかチェックしてみましょう。
 
 危険度5  このままだと滞納してしまいそう・・・・
 危険度7  ローンの滞納をしてしまった・・・・
 危険度9  競売開始決定通知書が届いてしまった・・・・
 危険度MAX  入札目前まできてしまった・・・・

危険度5 このままだと滞納してしまいそう・・・・

「毎月の住宅ローンの支払いが厳しくなってきた……」
「このままだと滞納してしまいそう……」 

任意売却を念頭に置き、今のうちから準備を始めましょう。
「何とか立て直してみせる!」という気持ちはもちろん大切です。
せっかく手に入れたマイホームを手放すのが惜しい気持ちもよく分かります。
しかし一方で、マイホームを死守しようとするあまり、消費者金融やカードローンなどで借金を重ね、
多重債務に陥った挙げ句、競売で安く買い叩かれてしまう方が後を絶たないのも事実です。

危険度7 ローンの滞納をしてしまった・・・・

「住宅ローンを滞納してしまった……」
「来月も払える見込みがない……」 

任意売却に向けて早めに動く必要があります。
支払いのメドが立たないならなおさらです。
早く動くほど、より多くの資金を手元に残すことができ、任意売却後の生活の立て直しもスムーズです。
まずは、専門の不動産会社に相談するのが得策です。 

危険度9 競売開始決定通知書が届いてしまった・・・・

「家を差し押さえられてしまった……」
「競売開始決定通知書が届いた……」 

残された時間はわずかです。すみやかに任意売却をご決断ください。
そのままにしておくと最短4ヶ月で入札となり、立ち退きを余儀なくされます。
専門の不動産会社に依頼することがスムーズな任意売却につながり、
その先にあるあなたの再出発を有利に導くのです。 

危険度MAX 入札目前まできてしまった・・・・

「入札期日が迫っている……」


一刻を争う状況です。過去を悔やんでいる暇も、未来を憂いている時間もありません。
今すぐ専門の不動産会社に相談しましょう。

  制度上は売却許可決定日まで任意売却が可能ですが、
債権者が交渉に応じないケースも考えられます。
最悪の場合、そのまま競売でマイホームを失い、手元にはわずかなお金も残らず、
残債だけが重くのしかかる……ということになりかねません。

次に、任意売却で高く売るためのポイントをご紹介します。 

任意売却で高く売るためのコツ