任意売却、競売、任意整理、自己破産などでお悩みなら埼玉任意売却無料相談室へ。無料相談もお気軽にご利用ください。<対応地域>埼玉県(さいたま市・川口市・所沢市・新座市・蕨市・川越市など)、東京都、神奈川県、千葉県

埼玉で任意売却をするなら任意売却埼玉相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

2019年01月08日任意売却したらローンが組めなくなるって本当?

任意売却したらローンが組めなくなるって本当?

結論としては、任意売却を行うことを検討している段階でローンが組みづらい状況になっています。任意売却をすると、「ブラックリストに載ってしまう」、「任意売却をするとクレジットカードが使えなくなる」というふうに心配になる方が多いです。任意売却という行為自体を行うと「ブラックリストに載ってしまう」というのは大きな間違いです。

住宅ローンが支払えなくなり、返済を数ヶ月滞納してしまったという事実に対して、ブラックリストとして扱われてしまうのです。住宅ローンを滞納してしまうと個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。これを一般的にブラックリストに載るという言い方をします。ですので、任意売却をしたからブラックリストに載るのではなく、住宅ローンを滞納したらブラックリストに載るが正しい答えです。

 

ブラックリストとは

ブラックリストとは、住宅ローンなどの借金の返済を3ヶ月以上滞納した時や、携帯電話やスマホの機種代などの料金を滞納した際の記録が 「個人信用情報機関」に登録されてしまった状態のことを表します。知らない方もいるかもしれませんが、ブラックリストというもの自体が存在している訳ではありません。

 

住宅ローンを滞納してブラックリストに載ってしまうとどうなる?

事故情報が登録されてしまうと、以下のようなことが起こりえます。

・クレジットカードが作れない

・ローンを組めない(お金を借りられない)

ブラックリストに載った理由や金融機関の対応にもよりますが、事故情報が削除されるまでの期間は5~7年間と言われています。一旦、ブラックリストに載ってしまうと、事故情報(延滞情報)が登録されている期間は、全く可能性が無いわけでもありませんが、既存のクレジットカートや新規クレジットカードが作れないことや新しくローンを組むことが難しくなります。

以下、全国銀行個人信用情報センターの情報の登録機関に関する記載の抜粋です。

種類 内容 登録期間
取引情報 ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等 当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間、会員への提供は6か月を超えない期間
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分 第1回目不渡は当該発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は当該処分日から5年を超えない期間
官報情報 官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等 当該決定日から10年を超えない期間
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等のご本人からの申告内容 登録日から5年を超えない期間

ブラックリストに載ると、このように記録が残ってしまいます。

 

信用情報機関とは

信用情報機関とは、加盟している会社から登録されている信用情報の管理・提供を通じて金融機関と消費者との間の信用取引を安心・安全に行えるようにする機関のことです。ローンやクレジットの債務や返済状況などの個人情報が登録されています。

個人信用情報機関は、銀行等、クレジットカード会社、消費者金融等の業態別によって、加盟している情報機関が異なり、現在、信用情報機関は3つあります。3社はそれぞれ別の機関として独立していますが、情報交流CRIN(Credit Information Network:クリン)を通じて、相互に個人信用情報(事故情報など)を共有しています。

信用機関には以下の3つがあります。

一般社団法人全国銀行協会(JBA)
金融機関(銀行、信用金庫、信用組合等)などが主に加盟しています。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
信販会社、クレジットカード会社等などが主に加盟しています。ほとんどは、クレジットカード会社等です。

株式会社日本信用情報機構(JICC)
アコムやアイフルなどの消費者金融会社が主に加盟しています。

 

ブラックリストからいち早く解除されるためには?

一度ブラックリストに載ってしまうと、5~7年間は外れることは難しいです。住宅ローンの返済を長期間滞納したり、借金を放置したら、その期間中はブラックリストに載ったままになってしまいます。一日でも早くブラックリストから解除されるには、住宅ローンやその他の借金を整理することしかありません。その為には、任意売却で家を高く売却し、住宅ローンを多く返した上で債務整理を行い、借金を0円にすることです。借金が無くなった後、5~7年間の時間を経過すれば、新たにクレジットカードや新規のローンが組めるようになる場合もございます。

 

今使用しているクレジットカードはどうなるの?

クレジットカード会社によって対応は異なります。

 

当社では任意売却手数料の最大50%を返金し借金を終わらせます

当社の任意売却による最大のメリットは、売却代金から配分される不動産仲介手数料の最大50%をお客様に現金にてお渡ししている点です。(3,000万円で任意売却が成立したら正規手数料96万円から48万円を返金)
この使い道としては、任意売却しても住宅ローンが残ってしまう場合は、弁護士に債務整理を依頼し、借金を終わらせる事が理想です。
しかし、お金がなくて弁護士に相談することが出来ない方も少なくありません。
そこで当社は、任意売却の手数料から最大50%をお客さまに返金することで、弁護士費用の全部又は一部が払え借金を終わらすことが出来ます。
そうすることで借金がなくなり、生活が困窮することは無くなるでしょう。

 

早い段階で任意売却の決断を!

なかなか住み慣れた家を売却するというのは心苦しいこともあると思いますが、住宅ローン等の借金が膨らむ前に、まずはご相談下さい。

競売になってからですと任意売却ができる時間も狭まり、任意売却ができるチャンスが失ってしまう場合もございます。できるだけ早い段階で任意売却の決断をされた方が、任意売却後の生活に関し、時間もお金もゆとりができますので、まずはご相談ください。

 

オススメ記事

人気記事

任意売却の流れ

活動を開始してから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヶ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。