任意整理、任意売却、自己破産、競売等のお悩みなら「明誠商事株式会社」へ。無料相談もお気軽にご利用ください。

埼玉で任意売却をするなら任意売却埼玉相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

2018年05月15日任意売却なら専門の不動産会社に任せましょう

任意売却を検討する場合、どの不動産会社に依頼しても同じな訳ではありません。不動産会社には分野によって賃貸の専門会社、マンションの買取会社、売買の仲介会社、戸建てやマンションのデベロッパー、任意売却を主に取扱う会社等があり、得意不得意があるため、任意売却について高い専門知識とノウハウを持った不動産会社を選ぶことが必要不可欠です。任意売却の基礎知識や信頼できる不動産会社の選び方、そして「相談できる頼もしい弁護士や税理士といったパートナーと連携しているか」など、役立つ情報を紹介していきます。

そもそも任意売却にはどんな意味がある?

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合に行われる売却方法のことです。殆どの人がマイホームを購入する際には住宅ローンを利用しますが、経済状況や病気、離婚等の環境の変化などによってローンを返済できないケースもあります。返済が滞れば、融資している金融機関は裁判所に競売を申立て、強制的に自宅を売却して住宅ローンの残債を回収しようとします。競売になってしまえば、市場価格(相場)よりも3~4割程度安く売却される可能性があり、住宅ローンの残債が多く残ってしまい、その分返済額が増えますので、競売後の生活が困窮してしまいます。また、競売になってしまったら、インターネットや新聞で競売の情報が公開されますので、ご近所や知人に返済が出来ず競売になった事が分かってしまい精神的に嫌な気持ちになります。このような事態を避ける手段として、「金融機関との話し合いにより解決できる方法が任意売却」です。競売を回避したいなら、住宅ローンを滞納してから3~6ヶ月以内に残債より高い価格でマイホームを売却するか、売却代金を充てても残ってしまう債務を別途支払わなければなりません。しかし、現実には銀座や六本木など余程希少価値の有る人気の高い物件でなければ高額では売却できませんし、残債を返済するだけの資金があるなら住宅ローンの返済を滞らせたりしないので、どちらも実現可能とは言い切れません。そこで効果を発揮するのが任意売却です。任意売却会社に依頼して債権者との間で交渉を進め、双方の合意の基で住宅ローンの残債を下回っても売却が可能となります。つまり、住宅ローンが残っていても、自宅の抵当権だけを解除できるという効率的な方法なのです。基本的には、住宅ローンを滞納すると自宅に抵当権が設定されているため、競売により強制的に安く売却されてしまい、多くの残債が残りますが、任意売却は競売よりも高く売却できる可能性が大きいため、ローンの残債を大幅に減らす効果があります。このように任意売却には様々なメリットがあります。

なぜ任意売却専門の不動産会社に依頼した方が良いのか?

世の中には数多くの不動産会社が存在していますが、実はそれぞれの会社ごとに得意分野は異なります。土地売買が得意な会社もあれば賃貸が得意な会社、コンサルティングや管理業務が得意な会社など多種多様です。任意売却においても同じことで、依頼する場合は任意売却に詳しい専門の不動産会社に相談しなければ成功が期待できません。

専門的に任意売却を扱っている不動産会社は、一般的な不動産会社とは違って任意売却に必要となる知識や経験、債権者との交渉術に有利に働く条件を数多く備えています。任意売却を成功させる為には、まず何よりも債務者が住宅ローンを全額返済できない状態で、債権者が抵当権(担保権)を解除し、売却に同意してくれるかがカギとなります。豊富なノウハウを持つ専門の不動産会社が交渉を代行してくれれば、債権者との協議で具体的な売却価格や引越しの時期及び引越し費用に至るまで詳細な情報が分かります。また、任意売却に慣れている観点から交渉がスムーズに行くケースも少なくありません。専門知識の乏しい一般の不動産会社では債権者を納得させられるだけの交渉の術はなく、任意売却を成功させたという実績も少ないので失敗する可能性が高いです。

明誠商事では、実際の任意売却手続きだけでなく売却後の引っ越し先の提案や引っ越し費用などの交渉を最後までトータルにサポートさせて頂いております。任意売却後に残ってしまった住宅ローンも、債務整理が必要であれば優秀な弁護士を紹介します。これらは明誠商事が長年に渡って任意売却を成功させ、弁護士との信頼関係を築いたからこそ成せる事であり、一般の不動産会社ではそこまで任意売却の経験や弁護士との連携がないので難しいのが実情です。このように、実際の手続きや交渉、依頼者へのアフターケアなど専門性を活かした様々な魅力があるため、任意売却する際は専門会社に依頼した方が良いと言えます。

任意売却に強い不動産会社の選び方

任意売却を相談する場合、不動産会社の選び方にはくれぐれも注意が必要です。仮に任意売却専門の不動産会社を謳っていても、実際には実績が乏しかったり悪評の多い会社というケースも珍しくありません。優れた任意売却専門会社を見つけるコツは主に3つあるので、会社選びの際は必ずチェックしましょう。

【ポイント1】

肝心の任意売却の取り扱い実績は豊富かという点です。実際の手続きでは不動産会社が依頼者に代わって債権者との交渉を行い、その結果次第で任意売却に応じてくれるかが決まります。その他に具体的な売却価格や住宅ローンの残債、月々の返済額なども話し合われ、結果はその後の生活に大きく影響してきます。当然ながら、少しでも依頼者に有利な内容で交渉をまとめなければ専門家に依頼する意味がありません。豊富な実績を持っている不動産会社の方が交渉にも慣れており、有利に進めるコツも心得ているので成功の可能性が高まります。

【ポイント2】

その不動産会社に弁護士や宅地建物取引士などが在籍しているかという点です。任意売却の依頼を受けるだけであれば、不動産業の免許があればどの不動産会社でも扱えます。ところが、有利に任意売却を進めるには不動産関連だけでなく、民事執行法や税法、民法など様々なジャンルの法律知識も必要不可欠です。中でも債務整理の意味合いが強い任意売却では、専門家である弁護士のサポート無くして大きな成功は期待できません。多彩な資格を持った専門家が在籍している不動産会社ほど信頼できるので、具体的な有資格者を必ず確認してください。

【ポイント3】

インターネットで任意売却と検索し、良さそうな会社を3社ほど選択して下さい。選択した会社を必ず訪問し、インターネットで記載されている内容が正しいか確認することが重要です。また、NPO法人(非営利活動)や不動産業の免許が無い会社は注意して下さい。営利目的でインターネットを活用し多額の資金を使い相談に来られた方を他社に紹介した上で、紹介料等をもらっている法人もあります。いわゆる紹介屋です。こういった法人は不動産業の免許がないので任意売却を扱えません。


不動産会社に任意売却を依頼するための費用
諸費用の持ち出し負担が一切ありません

不動産会社に任意売却を依頼したいが費用が心配という人も多いでしょう。
通常、不動産売却では仲介手数料や抵当権の抹消費用、マンションの管理費・修繕積立金の滞納分など諸経費がかかります。任意売却も費用がかかるのは変わりません。ただし任意売却の場合は、自宅を売却した代金から諸経費を支払うことが認められています。そのため、債務者自ら費用を持ち出すことはありません。この点も任意売却のメリットと言えます。競売の場合は、80~120万円程度の競売費用が発生します。金融機関が裁判所に競売を申し立てますが、競売費用を債務者に代代わって立替え、競売落札代金から差し引かれますので、住宅ローンの残債に競売費用が乗っかってしまい債務残高が増えます。

当社では売却代金から配分される仲介手数料の最大50%をお客様に返金します

当社の任意売却による最大のメリットは売却代金から配分される仲介手数料の最大50%をお客様に現金にて返金しております。(3,000万円で任意売却が成立したら、当社の仲介手数料96万円から48万円を返金)なぜ、お客様に返金するかと言うと任意売却しても残債が残ってしまい、借金で苦しむ方がいらっしゃるからです。借金を無くしたり減らすには弁護士の協力が不可欠です。お金がなくて弁護士に相談することが出来ない方も少なくありません。当社では売却代金から配分される仲介手数料の最大50%を返金する事で、弁護士費用の全部又は一部が払え借金を無くす事ができ、お金に困らない生活を取り戻すことができます。

早い段階で任意売却の決断を!

なかなか住み慣れた家を売却するのは心苦しいこともあると思いますが、住宅ローン等の借金が膨らむ前に、まずはご相談下さい。
競売になってからですと任意売却ができる時間も狭まり、任意売却ができるチャンスを失ってしまう事あります。できるだけ早い段階で任意売却の決断をされた方が、任意売却後の生活に時間もお金もゆとりができますので、まずはご相談ください。

任意売却の流れ

活動を開始してから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヶ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。