任意売却、競売、任意整理、自己破産などでお悩みなら埼玉任意売却無料相談室へ。無料相談もお気軽にご利用ください。<対応地域>埼玉県(さいたま市・川口市・所沢市・新座市・蕨市・川越市など)、東京都、神奈川県、千葉県

埼玉で任意売却をするなら任意売却埼玉相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

2019年01月08日離婚した時に連帯保証人から外れる事ができる?

離婚した時に連帯保証人から外れる事ができる?

原則離婚しても連帯保証人から外れることはできません。夫の名義で住宅ローンを借り、妻が連帯保証になっているケースがあります。住宅ローンを借りる時には各々が住宅ローンを借りる金融期間と契約をしているので、離婚したとしても連帯保証人としての契約が解消されることはなく、返済が終了するまで責任が伴います。よって、万が一、夫の返済が滞った場合には、連帯保証人である妻が代わりに返済しなければいけません。連帯保証人になった側は、契約者と同等の責務を負います。例外として、債務者側の親族に経済力があり連帯保証人の同意を得て、銀行が承諾すれば連帯保証人を外れることが出来ます。

 

名義人の変更や連帯保証人から外れることはできる?

契約の変更を行う時は、金融機関に相談して承諾を得る必要があります。ただ、金融期間も返済が滞るのはなるべく避けたいと考えているため、実際に名義人を変更することや連帯保証人から外れることはかなり厳しいのが現実です。代わりに連帯保証人を立てる、または、住宅ローンの借替えなどが必要になってきます。

 

離婚前に任意売却をした方がリスクが少ない理由

離婚後に夫が出で行き、養育費の代わりに住宅ローンを払って、妻や子供がそのまま住みつづけるというケースもよくある話です。ただ、この場合、名義人が夫、妻が連帯保証人のままであると注意が必要です。把握すべき点が2点ほどあります。

・万が一、夫が返済を滞らせた場合には、連帯保証人である妻が返済しなければならない
上記にも記載した通りです。夫が住宅ローンの返済を数ヶ月を滞らせた場合は、金融機関から「期限の利益の喪失」の手続きを取られ、住宅ローンの残債を一括で請求されます。この請求は債務者と同様に連帯保証人にも請求が来てしまいます。

期限の利益とは、お金を借りてもすぐに返すのではなく返済期限までは借りたお金を返さなくていいという権利のことを言います。期限の利益があることで、分割での返済が可能になります。期限の利益があるため、債務者がきちんと返済し続けている限り、住宅ローンの残債を一括で請求されることはありません。

期限の利益の喪失とは、住宅ローンの返済を3~6ヶ月滞納した時に、住宅ローンを分割で支払っても良い権利が失われ、残債務を一括で払わなければならなくなる事を指しております。

・名義人である夫が転居した場合、アパートローンに切り替る事がある
住宅ローンを契約する際には、「主たる債務者はその住宅に住むこと」が原則です。主たる債務者、つまり、名義人である夫が家から出ていくというのは、住宅ローンの性質と異なるため、住宅ローンから金利が高いアパートローンに切り替る事があります。

 

連帯保証人が一括請求に応じられなかった場合は競売手続きに進む

債務者が住宅ローンの残債務と遅延損害金を一括で返済出来ない場合、債権者は競売の手続きを進めます。競売とは、裁判所の管理の元債務者の財産を強制的に処分し売却代金を債権者に配当する手続きのことです。競売になってしまうと、安く売却され多額の住宅ローンが残る事もあり、引越しの時期を相談すること等ができなくなってしまいます。任意売却であれば売却代金から引越し費用を捻出してもらえる場合もありますが、競売ではそのようなことはありません。また、競売での一番のデメリットは売却代金が任意売却よりも大幅に下回る場合があることです。

 

任意売却をする際、離婚前か後どっちが良い?

一概には言えませんが、片方が連帯保証人になっている場合は、任意売却してから離婚をされた方が宜しいかと思われます。任意売却して住宅ローンを全額返せれば良いのですが、万が一、住宅ローンが残ってしまった場合は連帯保証人に請求が来てしまうからです。離婚をされるのであれば、借金を整理してからの方が、後々トラブルになる事が少なくなるかと思います。

片方が連帯保証人になっていないケースでは、任意売却をする前に離婚されても問題はないかと思われます。連帯保証人になっていなければ債務を負わなくても良いからです。

▼任意売却に関する関連記事が他にもあるのでこちらも参考にしてみて下さい。
任意売却のメリット・デメリット

 

それでも子供のために住み続けたい場合はどうするか?

任意売却で第三者に売却し、「リースバック」または「親子間売却」、「親族間売買」を行い、家賃を支払って住み続けられる方法を取りましょう。但し、任意売却のできる期間が限られていますので、思うように行かないようであれば住み続ける事を諦めて高く売却しましょう。

▼リースバック等について詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
任意売却後も家に住み続けることは可能?

 

当社では任意売却手数料の最大50%を返金し借金を終わらせます

当社の任意売却による最大のメリットは、売却代金から配分される不動産仲介手数料の最大50%をお客様に現金にてお渡ししている点です。(3,000万円で任意売却が成立したら正規手数料96万円から48万円を返金)
この使い道としては、任意売却しても住宅ローンが残ってしまう場合は、弁護士に債務整理を依頼し、借金を終わらせる事が理想です。
しかし、お金がなくて弁護士に相談することが出来ない方も少なくありません。
そこで当社は、任意売却の手数料から最大50%をお客さまに返金することで、弁護士費用の全部又は一部が払え借金を終わらすことが出来ます。
そうすることで借金がなくなり、生活が困窮することは無くなるでしょう。

 

早い段階で任意売却の決断を!

なかなか住み慣れた家を売却するというのは心苦しいこともあると思いますが、住宅ローン等の借金が膨らむ前に、まずはご相談下さい。

競売になってからですと任意売却ができる時間も狭まり、任意売却ができるチャンスが失ってしまう場合もございます。できるだけ早い段階で任意売却の決断をされた方が、任意売却後の生活に関し、時間もお金もゆとりができますので、まずはご相談ください。

任意売却の流れ

活動を開始してから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヶ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。